中国は特許出願をリードしているが、イノベーションはない

昨年、825,000件以上の特許出願を提出しているかもしれないが、中国は依然として技術革新を欠いており、代わりに特許出願を支援することに焦点を当てるべきである。

国家知的所有権局によると、中国で提出された特許出願件数は、2013年に前年比26.3%増加し、3年連続で世界最高となった。米国と日本を追い越し、2011年には初めて特許出願国になった。

そのうち8万2千件が応募され、うち約20万8,000件が応募された。 2013年末現在、中国は国内の発明者が保有する有効な特許が587,000を超えており、第12次5カ年計画の目標数値を達成しています。

知的財産局のガン・シャオニング(Gan Shaoning)副局長は、「特許出願の増加は、個人や企業が発明を特許することによって、知的財産保護にもっと注意を払っていることを示している」と述べている。革新的な経済。

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係、銀行業務、Googleはオーストラリアからの交渉の保証を望んでいる大銀行

しかし、中国が世界的なイノベーターと見なすことはできないと指摘している。これらの特許を実際の商業化されたプロジェクトに変換する必要もあります。上海大学IPRカレッジのタオ・シンリャン(Tao Xinliang)理事は、「量よりも品質が重要であると主張しているが、いくつかの主要分野では、十分な自己研究と開発がなければ外国技術に依然として依存している。特に中小企業や個人を対象にした出願人の助力に注力して、特許を付与してください。

中国科学大学のIPR教授であるFeng Xiaoqingはまた、研究施設や地元の発明家に特許を実施するよう、中国政府に政策と資金援助を増やすよう促した。

?パース警察は制限されたコンピュータにアクセスしました

大韓民国最高裁は、サムスン従業員の白血病症例は仕事に関係しないと規定している

Linus TorvaldsのGPLとの愛憎関係

Googleはオーストラリアの大手銀行からの交渉を保証したい