アップル:iTunes Store、「内部」エラーによるApp Storeの停止

(林檎)

アップルの半日の停電が終わりました。

世界中の何百万人ものユーザーが、アプリをダウンロードしたり更新したり、同社のMacやiOS App StoreやiTunes Storeから音楽を購入することができませんでした。

Appleの最新のiPhoneはまだ終日のバッテリー寿命を逃している。しかし、ソフトウェアを調整することで、iPhoneのバッテリーを大幅に改善することができます。 iOS 8.2用にアップデートされました。

同社のステータスページには、ほぼ半日の間、さまざまなサービスで「赤い」警告が表示されていました。

「顧客は、App Store、iTunes Store、iBooks Store、またはMac App Storeから購入できないかもしれない」と読んでいる。

アップル社は、クラッシュに5時間以上かかる声明の中で、「内部DNSエラー」を理由に第三者からの不正な行為を否定した。

数十の国と地域が北米、ヨーロッパ、アジアで影響を受けました。

AppleがiPhone 7を発売:2017年に10周年を迎えたiPhone用のブリッジデバイス、AppleはApple Watchをもっと魅力的にすることを目指す、iPhone 7とiPhone 7 Plus:新しい機能のハイライト、Michael DellがEMCの契約を締結した:数十年

内部サーバーのクラッシュは、午前5時(ET)より前に開始され、iPhoneやiPad、Macを含むすべてのAppleプラットフォームのユーザーに影響を与えました。ほとんどの場合、ページにはエラーや「一時的に利用できない」通知が表示されていましたが、一部のアプリや購入はまったく処理されませんでした。

伝えられるところによると、アップルの小売店にも影響があったため、従業員は年配の古い支払い方法を打ち破った。

Appleが大幅にダウンタイムを被った最後の例は、開発者ポータルで欠陥が発見されたときです。このサイトは、「侵入者」が個人情報を取得しようとした後、数週間閉鎖された。サイトのサービスの多くは長期間ダウンしていました。

しかし、同社がデータ侵害やシステムに対する攻撃を受けたという兆候はない。

「サムスンとTモバイルは5Gトライアルで共同、クラウドはEMCとの契約を終えたマイケル・デル:「何十年にもわたって考えることができる」ネットワーキング、今秋にNFLサッカーをオンラインで見る方法、Internet of Things、クアルコム、AT&ドローンは4G LTEネットワークを使用できます

AppleのApp StoreとiTunes Storeは、世界的な売上高の約6%を(第1四半期の業績によれば)12月までの3ヶ月で48億ドルで調達した。

この部門にはApple PayとBeatsアクセサリーの販売も含まれているので完全な数字ではありませんが、Appleはさまざまな店舗がダウンしていた1時間ごとに約2.2百万ドルの損失を被る可能性があります。それは、第1四半期の収入からの数字に基づいて、iPhoneの販売単体でそのメリットを埋め合わせるだけではないという。

また、開発者には金銭的なコストもかかるでしょう。 Appleは2014年に開発者に100億ドルを払ったが、概算で1時間あたり110万ドルと見積もっている。

市場の終値では、テクノロジー企業(AAPL)はニューヨークのナスダック(Nasdaq)で1.7%以上ダウンした。

午後4時に更新されたET:Appleからの声明とAppleの株価に関する詳細。

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

?今秋、NFLサッカーをオンラインで見る方法

ドローンが4G LTEネットワークをどのように使用できるかをテストするクアルコム、AT&T