シスコの四半期はハードルをクリアし、Outlookは暗いが十分に近い

シスコシステムズの第4四半期決算は、前年同期比10%増の104億ドルの収益で、第2四半期の利益は20億ドル(1株当たり33セント)となりました。品目を除いて、シスコは第4四半期の利益を1株あたり40セントと報告した。

2008年度の395億ドルの収益に81億ドルの純利益を報告したネットワーキング・ジャイアントは、その目標の大半を狙っているようだ(声明)。

アナリストとの電話会議で、シスコの最高経営責任者(CEO)であるジョン・チェンバース(John Chambers)は、同社が長期的な収益成長目標の12%から17%に戻ると予測するのは難しいと述べた。事実、Chambersはマクロ経済の見通しを「不透明」と呼び、シスコが2009年度すべての業績を予測することはできないと述べた。第1四半期に8%、第2四半期に8.5%、約103.3億ドル、10.7ドルそれぞれ10億ドルであった。チェンバーズの見通しは、ウォール街の予想を若干下回っていた。シスコは総利益率も65%と予測しています。

Chambers氏によれば、現在の課題は今後2四半期も続くだろうとChambers氏は述べている。Chambers氏は、状況がより明確になると、Ciscoがより多くの指針を提供するだろうと指摘した。

同社の第4四半期のキャッシュフローは35億ドル、2008年度末の現金および同等物は262億ドルでした。未払い日数は34日で、前年同期は38日でした。第4四半期の在庫は11.8で、第3四半期の11から上昇した。

Chambers氏は、同社の戦略は、景気後退の最中にシェアを獲得し、新しい市場に参入することだと語った。 「不確実なマクロ経済環境にもかかわらず、我々の戦略は目標を達成するのが正しい」とチェンバーズは述べた。シスコの見通しはあまり良くありませんでしたが、四半期には期待は低かったです。言い換えれば、シスコのガイダンスは勝利とみなされます。

数字で

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:レポート