アップル、オバマのConnectedイニシアチブに1億ドルの助成金を募集

Appleはオバマ大統領のConnectedイニシアチブの一環として、米国の学校に1億ドルの助成金を拠出する予定です。

iPadとiPhoneメーカーの新しいマイクロサイトでは、「教育は誰にとっても基本的な権利です」と述べており、無料のAppleの技術が学生授業料の最大限に必要とされる場所で発行されるという。

ObamaのConnectedイニシアチブは、2017年までに米国の学生の99%に信頼できるインターネットアクセスを提供することを目指しています。特に、ブロードバンドインフラストラクチャへの投資を誘致するのが一般的ではない国に焦点を当てています。連邦通信委員会(FCC)とアップル、マイクロソフト、アドビ、ベライゾンなどの企業は、無償および割引ソフトウェアと同様に、助成金を提供することによってこのスキームをサポートしている。

カリフォルニア州クパチーノに拠点を置くアップルは29州の114の学校の間で1億ドルを分担する計画だ。同社は、少なくとも96%の学生が無料または割引価格の昼食を受けることができる学校を選び、パートナーの学校に在籍する学生の92%がヒスパニック、黒人、先住アメリカ人、アラスカ先住民、またはアジアの遺産である。

この技術巨人は、これらの学校のすべての学生がiPadを受け取り、すべての教師と管理者に無料のiPadとMacが与えられ、すべてのConnected教室にはApple TVが搭載されると言います。さらに、アップルのチームは、技術が効果的に使用されるように各学校に割り当てられます。

ConnectEDへのアップルの貢献に関する統計は、以下で詳しく説明します。

続きを読む:ed-techの世界で

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

必須iPhone 20個、大学生向けのiPadアプリ、大学生向けの必須のAndroidアプリ20個

国防総省のサイバー緊急対応を批判したペンタゴン

ブラジルのパラリンピックは技術革新の恩恵を受ける

ブラジル政府がWazeを禁止する可能性

GoogleはDrive for Educationを発表しました; 6回のクリック:トップ無料のiOS、プログラミング方法を学ぶAndroidアプリ、世界中の教師向けのGoogle Classroomツールを開く、子供のためのトップタブレット:2014版、AmazonはFTCの子供向けアプリ内購入に対する要求に抵抗します。アプリ内購入と子供は混在しないが、誰が責任を負うのか?大学生向けの必須のAndroidアプリ20種類