中国のメディアがAppleの「傲慢」を打つ

中国の国営紙「People’s Daily」は、Appleの差別的な政策と中国消費者の傲慢な扱いで一週間の論説を打ち出した。

最初の記事「Apple bit ‘God’」は、「顧客が神である」という中国語のイディオムに関して、3月25日に中国語の論文に掲載され、中国のiPhoneユーザーに対する技術巨人の差別的行為を批判したそのアフターサービスの方針を参考にしてください。

3月29日から4月29日まで、新聞はAppleに4つ以上の記事や解説を発表した。これは他の地元のメディアが「Appleが何をやっているのか」、「Appleは比類ない傲慢を修正しなければならない」、 「アップルの保守保証の変更は些細なものだ」と同様に、「年間数十億ドル」となっています。

国営テレビ放送局である中国中央テレビ局(CCTV)は3月15日、世界消費者デーに先立って、中国の消費者が欠陥のあるiPhoneを送付したときに、裏表紙付きの改装されたiPhone元の電話から。それと比較して、他の国の消費者は改装されたiPhoneを受け取ることになる。報告書によると、中国の消費者は、新しいカバーを望むならば、580元(92米ドル)を追加支払う必要があるという。

テック・インダストリー、火災の下でのZuckerberg:「Facebookはナパーム・チャイルドの有名なベトナム写真を検閲するのが間違っている;ビッグ・データ・アナリティクス、MapRの創設者John Schroederが辞任、COO、After Hours、Star Trek:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説。 Tech Industry;ブリティッシュ・エアウェイズの乗客はITの停電により混乱に直面

報告書への即時返答で、Appleは単にチームが「消費者の期待を上回るよう努めており、あらゆる消費者からの意見や提案を高く評価している」と単純に言った。後の声明では、米国企業は、その保証方針が「国家基準より高い」と述べた。ピープルズ・デイリーは、「自己賞賛」の方法で問題に対するAppleの対応を非難した。

米国の人民日報報道官、陳英明(カミン・イーミン)氏は、3月28日、新聞にアップルの本部にインタビューしようとしていたが、同社の中国と米国の広報担当者に阻まれているとの記事を発表した。

中国政府が支援する新聞は、ほぼ1週間に及ぶ連続した論説で1つの企業に集中することは稀である。 Sina.comの意見では、People’s Dailyが中国の消費者に対するAppleの無関心に重点を置いていると、米国企業の中国の足跡が危機に陥っているかどうかが疑われた。同報告書は、12年前のCCTVが、中国の消費者が関わるラップトップのメンテナンスに関する差別的行為を東芝に脅かすと、東芝の市場シェアは、4年連続で市場を上回り、中国でトップ10を脱落したことを思い出した。

5年前、ヒューレット・パッカード社のラップトップ品質問題に関するCCTVの報告の後、ITベンダーの市場シェアも16.6%から5%に落ち込んだ。

中国の新聞「The Beijing News」への返信で、Appleの北京に本拠を置くスポークスパーソンは、同社のローカルとクパチーノの本社の間で毎日電話会議が行われていると語った。 「我々は過去に声明を発表していないかもしれないが(今はそうするだろうが)、我々は変更しようとしている」とスポークスパーソンは述べた。

Zuckerbergが火の下に: ‘Facebookはナパームの子供の有名なベトナムの写真を検閲するのが間違っています’

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任

スタートレック:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説

ブリティッシュ・エアウェイズの乗客はITの停電により混乱に直面する