AMD、全世界で1000人のIT職を雇用

編集者注:この記事の以前のバージョンでは、AMDが人員を10%増やすと誤って述べられていました。 AMDは1,000人のIT職を雇用していますが、その中のいくつかは、社内の他の場所での雇用削減によって占められています。

AMDは、企業がクラウドに移行することを期待して成長を見込んで、新たに1,000人以上の新しいIT職を雇用していると伝えられていると同氏は語っている。

ほとんどの職種は、カリフォルニア、テキサス、オーランド、ボストン、カナダのAMDファシリティの設計エンジニア、ソフトウェア専門家、ITスペシャリスト、AMDのグローバルタレント買収リーダーであるランス・フィリップス氏が担当しています。 AMDのウェブサイトによると、中国、インド、台湾にはいくつかの職種があるという。

AMDはクラウドへの移行をサポートするために、新しいハードウェアとソフトウェアを参照する以外の人たちの背後にある戦略について詳しくは触れていませんでした。クラウドコンピューティングに必要なデータセンターの爆発が、ライバルのインテルでマーケットシェアを獲得するチャンスであると期待していることは論理的です。大部分の職員は、「テスト、検証、エラーの発見と修正に役立つ」と、Dice氏は述べています。

ハードウェア採用

AMDはすでに1万人以上の従業員を雇用していますが、同社はスタートアップのように稼動しており、フィリップス氏はダイス氏に言い渡し、スタートアップの考え方を持つ人材を雇うことを期待しています。

このチップメーカはインテルとの市場での高騰に直面しており、既に遭遇している。今年の初めに、AMDのCEO、Dirk Meyerが辞任しました。 Meyerは、数年前に予定されていた製品発売が予定よりも遅れてから2年後に会社を率いて、内部的に人気がありました。

2月にAMDは買収先の噂、特にデルを擁護し始めた。

C / C ++、Linux開発、C / C ++、Ruby、Javaの知識を持つ設計エンジニア、C / C ++とグラフィックスを知っているOpenGLとOpenCLソフトウェア開発者、C / C ++を使ったLinuxでの経験を持つファームウェア開発者、Ruby、Java、およびx86アセンブリ

AMDのコア製品は、アジアのブロガー、エドウィン・ヤップ(Edwin Yapp)によると、インテルとの市場での上り坂に直面している。

AMDは素晴らしいエンジニアリング企業ですが、この移行でリーダーシップを発揮するとは想像もしません」と、ガートナーの主任研究アナリスト、クリスチャン・ハイダソン氏は述べています。

同氏は、2006年にAMDがATIを買収した際、Fusionは統合グラフィックチップセットを導入していたが、インテルが提供する前にその製品が市場に届かなかったと指摘した。

Gartnerのアナリストによると、AMDはIntelと比較してCPU-GPUの統合を進めるという非常に興味深い野望を持っているが、「遅すぎて間違った方向にある」との疑問があるかもしれない。

電気工学および特定のClSIおよびASIC設計のバックグラウンドを持つアナログ設計エンジニア。

AMDのデュアルGPU「Radeon HD 6990」は、デスクトップ・グラフィックス・カードの新しい王であり、

それにもかかわらず、AMDは人事考課を進めており、それを実現するために人員に大きな投資を行っている。

ポジションと既に掲載されているものの詳細については、元のダイスのダイスを参照してください。

 コンテンツ

インテルはMovidiusを立ち上げ、将来のコンピュータビジョン、VR tech

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

Intel、PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供

企業の大手企業のうち、実用的な技術革新が引き継ぐ

Intel、IntelはMovidiusを買収し、将来のコンピュータビジョン、VRテクノロジー、プロセッサーを開発する; Intelは4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発売;ストレージ; PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供;エンタープライズ・テクノロジーの巨人の中では、実用的なイノベーションが引き継ぐ