ビジネスクラスのAMD「トリニティ」APUはパイプラインにありますか?

AMDは、業務用および企業向けの一連のプロセッサを搭載した加速処理ユニット(APU)の「トリニティ(Trinity)」ラインナップを拡充する計画だ。

プロセッサー、4K UHDを普及させるための第7世代プロセッサーの発売、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットによるより強力なチップの需要の推進、データセンター、NVIDIAの仮想GPU監視、分析、ハードウェア、AMDのZen

プロセッサーの1台が6月に戻ってきた。これは、3.8GHzで動作し、4MBのL2キャッシュを持ち、熱設計電力(TDP)が100Wのクアッドコア部品であるA10-5800Bでした。

CPU Worldによると、削除されたLenovoドキュメントでは、より多くのAPUが詳細を漏らしています。

これらのすべてのプロセッサは、ソケットFM2フォームファクタを持ちます。

AMDは従来、プロセッサの「ビジネスクラス」バージョンを提供してきました。通常、これは、AMD-V仮想化サポートなどの起動技術やフィーチャ技術から24ヶ月の計画ライフサイクルを持ち、消費者のハードウェアよりも優れたエネルギー効率を持ち、消費電力とシステムノイズを低減すると同時に、 PCの寿命。

言い換えれば、これらのプロセッサーを搭載したハードウェアは10月に利用可能になるということです。

5月に、AMDは第2世代モバイルプロセッサを発表しました。これに続いて、デスクトップ版もパイプラインに入っているという報告がありました。

より低いTDPを持つAPUの周りに構築されたシステムは、冷却が少なくて済み、システムを安くするだけでなく、静かに動かすことができます。

すべてのAPUには、AMD Radeon HDグラフィックス・コアが搭載されており、DirectX 11グラフィックス・サポートと改良されたビデオ再生エンジンを提供します。

AMDは、インテルのIvy Bridgeプロセッサに圧力をかけることを希望して、リリースして以来、「トリニティ」APUを活力を持って推進している。トリニティとの肩を伸ばすAMDのエースは、グラフィックプロセッサーです。

インテルはCPU市場を堅調に伸ばしているが、GPU技術に関しては大きな名目ではない。一方、AMDは、PCメーカーがよく理解しているRadeonのGPUを持っています。 OEMとのGPU関係を活用してAPUをプッシュすることができれば、実際にインテルにプレッシャーをかける可能性があります。

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す