シスコ、6月にCloud Connectをデビュー

ネットワークの巨人シスコは、6月にデータセンター間およびクラウド環境間の安全な接続を可能にするクラウドコネクトと呼ばれる新製品を発表する予定です。

CiscoのCTOであるEngineering Padmasree Warriorは、VMware、EMC、NetApp、Citrix、Red Hatなどの最高の仮想化/クラウドベンダーと協力して、コンピューティング製品とネットワーク製品の両方を提供している顧客がプライベート、パブリック、ハイブリッドクラウドを構築し、セキュリティを確保できるようにします。

CTOは、プライベートクラウドとパブリッククラウドの間の安全で安全な接続を提供する上で、ネットワークの役割を果たしています」とCTOは述べ、2番目に大きなビジネスクラウドであるWebExの長年の経験が、

Cisco CTO Padmasree Warrior(InterOp Events)

シスコはコンテナのスタートアップContainerX、イノベーション、リオオリンピックの技術遺産、インターネットの購入、シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する、ネットワーキング、シスコは最大14,000人のスタッフを雇用する:Report

彼女は、クラウドコンピューティングによってもたらされる規模の経済は巨大であると述べた。たとえば、1,000を超えるサーバーを持つデータセンターにクラウドを導入すると、総所有コストは従来のデータセンターよりも50%も低いと同氏は主張している。

ベンダーは、アプリケーションをより迅速に提供するためのインフラストラクチャを展開するための新しい方法を作成するというプレッシャーを受けています。たとえば、純粋なインフラストラクチャの仮想化であろうと、SaaSモデルでのアプリケーションの消費であろうと、2012年末までに、あらゆる規模の企業の70%が何らかの形のクラウドテクノロジを使用することになると付け加えました。

また、Forrester Researchのデータによると、調査対象の組織の56%以上がデスクトップ仮想化と仮想化クライアントを考えて効率を向上させ、アプリケーションをより迅速に展開する方法を示しています。

クラウドは、Saasコンポーネントとしてアプリケーションとサービスをどのように展開するかを変更しています…インフラストラクチャ展開モデルは仮想化のために変化しています」とWarrior氏は述べています。

シスコ、コンテナのスタートアップコンテナを購入

リオオリンピックのハイテク遺産

シスコは最新のリストラで5,500人の雇用を削減する

シスコは、最大14,000人のスタッフを雇用しています。