別の元SoftieがVMwareに加わった

一年前、以前のマイクロソフトのマネージャー、そして現在のVMwareのCEO、ポール・マリッツが古いバンドを集めていたと書いていたとき、何人のメンバーが再会するか分からなかった。

Maritzは現在VMwareのCEOです。もう一人の元Softie、チャールズ・フィッツジェラルド(Charles Fitzgerald)は、Maritzの元Pi Corpを取り巻くスタートアップのDechoとプロダクト・マネジメント担当副社長を務めました。そして、VMwareは1月6日、Microsoftの以前のメンバーであるTod Neilsen VMwareの最高執行責任者(COO)。

ニールセンはずっとそうしていた。最近では、Borland Softwareの社長兼CEOを務めました。その前に、彼はOracleとBEA Systemsに支えられました。 (BEAは彼の会社Crossgainを買収した。これはMicrosoftの非競争の十字線に少し入社した会社)12年間働いていたマイクロソフトでは、VMWareのプレスリリースによると、データベースツールや開発ツールのゼネラルマネージャー、開発者ツールの副社長、マイクロソフトのプラットフォームグループ担当副社長です。

Maritz、Fitzgerald、Neilsenは、1990年代後半の米国の反トラスト法廷で、(公の隆盛の度合いを変えて)計算されていました。

来年、MicrosoftとVMwareの仮想化コンテストで何が起こっているのですか?ヴイエムウェアをマイクロソフトに先駆けて仮想化空間に残すためには、旧ソフテリスの一員が適切な乗組員になるだろうか?

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます