デル:どれくらい悪いですか?

Dellの会計年度第3四半期は、かなり良いとは思われない。唯一の本当の疑問は、デルの四半期が醜い規模に落ちるところです。

同社の第1四半期の見通しは、PC需要の低迷の中で数週間後に解消した。トムソン・ロイター通信によれば、Dellが木曜日に収益を報告すると、同社は7月期の164億ドルから163億ドルの収入を得て、1株当たり31セントの利益を上げることが期待されている。しかし、見積もりは遅れて回っている。

一方、HPは景気低迷の中で事業は堅調だと記録的に述べている。マイケル・デル・アンド・カンパニーのアナリストは、インテルの第4四半期の警告ではあまり期待していない。

UBSのアナリスト、メイナード・ウム(Maynard Um)

Dellはこのチャネルをダウンしていますか?デルは積極的にチャネルに積極的に参入し、小売業者は個人消費の低迷により叩かれてしまった。デルの在庫水準とマージンを注意深く見てください;エンタープライズビジネスはどのように後押ししていますか?デルの計画は、ハードウェアを販売してから、ソフトウェアとサービスにアップセルすることでした。そのモデルは付いていますか?;休日のラインナップはどこですか?前四半期には、Dellは24の新しい消費者向け製品を導入する予定で、前回の電話会議では7社しか出展していないという。次の記事はどこにありますか?ネットブックの販売はどのようになっており、Dellのノートブックビジネスを混乱させていますか?ネットブックはデルのマージンと何をするのですか?デックで再編の動きがありますか?デルは、2007年5月に遡るリストラ作業を完了するために、今四半期にそう言っていた。それ以来、市場は衰退していた。 Dellは次に何を切り詰めますか?

3Q09の業績は、懸念されるIT支出環境の兆候を引き続き強調し、デルの3Q09の結果は今後の事態の始まりを描いており、最終需要の柔軟性と堅調さが少なくとも2四半期以上続くことを期待しています。

翻訳:Lumpinessは、Dellがその目標を見逃しているかもしれないと言っているコードワードです。

BMO Capital Marketsのアナリスト、Keith Bachmanは、Dellの10月の四半期は、何が来るのかのプレビューに過ぎないと述べています。デルの最大の問題:それはあまりにもPCの販売に依存しています。そして、いわゆるネットブックとは別に、多くの成長はありません。

実際、メリルリンチは2009年のPC単体の成長予測を12%の成長からマイナス2%に引き下げました。メリルリンチのアナリスト、ジェフ・フィダカロ氏は、PCの見通しをまとめている

当社の見通しは、世界的なビジネス環境の悪化、IT予算の逼迫(PCの交換/アップグレードサイクルの推進)、個人消費の弱体化、台湾のODMからの最近の生産減を反映している。当社の予測は、アジア太平洋および新興市場に広がっている米国および欧州における需要環境の低迷を反映しており、Netbooksからの増加分の増加(カニバレーゼ控除後)の期待により若干相殺されている。

こうした楽観主義で、マイケル・デルが登場するかどうか疑問に思う。良いニュースは、誰もが最悪のことを期待しているということです。アルマゲドン以下のものは、実際にポジティブであるかもしれません。か否か。

クラウド、マイケル・デルがVMware社の取締役会に就任クラウド、マイケル・デルがEMCとの契約を締結した:「デルは数年後に考えることができる」デルのテクノロジーはQ2の成果を発表した、データセンターはデル・テクノロジーズのリフトオフ: EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合

いずれにしても、デルには多少なりとも質問があります。ここで問題を見てみましょう

マイケル・デル、VMware社の取締役会会長に就任

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、

Dell TechnologiesがQ2の結果を掲載

Dell Technologiesがリフトオフする:ここでは、Dell、EMC、エンタープライズビジネスの群れが結合