アジアのユーザーはBYODでDIYに行く

シンガポール – アジアの企業は従業員がBYOD(bring-your-own-device)運動の一環として個人用デバイスを仕事に使うのを支援するのに十分なITサポートを提供していません。これは、企業のネットワークやデータにガジェットを介してアクセスする独自の方法を見つけるように働きかけ、会社のデータの損失や盗難の可能性を秘めたセキュリティホールを作り出す危険性があります。

モビリティ、レビュー:お客様を喜ばせたいビジネス向けのRomossポータブル充電ステーション;独自のデバイスの持ち込み; BYODユーザー:iOS 10またはAndroid Nougatベータ版を使用しないでください;クラウド;より効果的で効果的なデジタルワークプレイスを実現できますか? ;ハードウェア; Chromebookは新しい「それだけで動作する」プラットフォームです

VMware社が委託した新しい調査によると、シンガポールを含むアジアの従業員は、職場でのパーソナルデバイスの使用を可能にするITサポートが不在か無視されているため、ITを自らの手に入れている。仮想化ソフトウェアベンダーのエグゼクティブは、金曜日のメディアブリーフィングでこの調査結果を発表した。

アジア太平洋地域の調査では、昨年12月から今年1月までの間に、Acorn Researchによって実施され、12カ国にわたり18歳から64歳の間で2,142人の回答者が調査されました。オーストラリア、中国、香港、インド、インドネシア、日本、マレーシア、シンガポール、韓国、台湾、タイ、フィリピンです。すべての回答者は、1,000人以上の従業員を抱える企業からのものでした。

シンガポールからの150人の回答者のうち60%は、オフィス内に個人用デバイスのITサポートがない場合、「自分で試してみてください」と答えました。回答者の約半数(52%)は、「Googleは答えを求めている」と答えた。

アジア全体では、従業員の69%がパーソナル・デバイスをサポートするためにITリソースに頼っていました。一方、63%がWebを検索して助けを求めました。

従業員がBYODの問題を解決するために使用した方法の中には、本質的に技術的なものではないものもあったが、VMwareのシニアプロダクトマーケティングマネージャーであるWilliam Ngohは、このイベントの席上でウェブサイトに語った。たとえば、従業員が特定の仕事用電子メールを自分のWebメールアカウントに転送したり、機密情報を含む電子メールの添付ファイルを自分の個人用クラウドストレージにアップロードしたりする場合があります。彼は自分のスマートフォンやタブレットに自分の個人メールやクラウドストレージアカウントを使って作業データにアクセスできるようになるとNgoh氏は説明する。

次に、VMware社のAseanとIndiaのクラウドインフラストラクチャソリューションのシニアプロダクトマネージャであるMatthew Hardman氏によると、組織のセキュリティやファイアウォールに穴ができてしまうのが、IT部門が最初に防げたいと思っていたものだった。同じインタビューであった。

これらの穴は、従業員のデバイスが誤って配置されたり盗難されたりした場合など、データの損失や盗難の可能性があります。このようなリスクは、個人用のデバイスが関わっているため高まっており、ユーザーは電子メールなど頻繁に使用されるアプリケーションのキー入力を避けるためにパスワードを保存することができます。

「ユーザーはセキュリティを考えているわけではないが、物事をすばやく完了させる最も簡単な方法を望むのは間違いではない」と彼は語った。

この調査によると、アジアの従業員はBYODを有益と考えていました。 68%が自分の選択したデバイスを使って仕事をすることができたと答えたが、幸せだった。75%はオフィス外で働くことでより効率的で生産的になったと答えた。

しかし、同地域の従業員の83%がパーソナル機器を稼動させていましたが、IT部門が必要なサポートを提供したと回答したのはわずか50%でした。シンガポールでは89%が自社の機器を使用していたが、33%のみがITをサポートすると回答したシンガポールでは格差が広がっていた。

これらの結果は驚くべきことではない、とHardmanは述べている。現在、アジアの組織では、個人所有のデバイスに対して高いレベルの積極的なITサポートを提供している機関はほとんどありません。もう1つの理由は、職場に入るさまざまなデバイスとOS(オペレーティングシステム)の速度と数です。

アジアでのBYODの方向性は上向きだとHardmanは述べている。 1つの重要なステップは、企業のアプリケーションとデータを仮想化し、従業員がPCやスマートフォンなどのデバイスを介してアクセスするオンデマンドサービスとして、制御された安全な方法でITストリームを流すことです。だから従業員の目には、これらのエンタープライズツールは消費者市場のものと同じくらい使いやすく、使いやすいものだという。

要するに、アプローチは、所有しているデバイスではなく、エンドユーザーを管理することです。デバイスの数と種類は減速しないだろう、と彼は言った。アジアでは、複数のデバイスの個人所有率の上昇率と、新しいデバイスやOSのスピードに見られるように、「デバイスに夢中」であり、市場にリリースされているという。

一方、モバイル機器もよりシンプルな機能を備えているため、ユーザー、特にハイテクに精通した「Millennials」やY世代のユーザーは、BYODを自分自身で仕事をするためにデバイスを「仕上げる」方法をすぐに学ぶことができます。

VMwareの調査によると、「大多数」、「アジア人」、「従業員」という回答が59%を占めています。シンガポールでは、回答者の58%がミレニアムであった。

レビュー:顧客を喜ばせるビジネスのためのロムスポータブル充電ステーション

BYODユーザー:iOS 10またはAndroid Nougatベータ版を使用しないでください

より良い、より効果的なデジタルワークプレイスを実現できますか?

Chromebookは新しい「それだけで動作する」プラットフォームです