キヤノン

10年前、キヤノンの競合相手は、リコーや富士ゼロックスのような複写機メーカーだけだった。今日、多機能プリンタとドキュメント管理ソリューションを含む拡大したポートフォリオにより、Canonのライバルには、Hewlett-PackardやDell Computerなどの技術ベンダーが含まれています。

プリンター;リコー、ブラジルへの投資を拡大ハードウェア; HPのQ3は予想を上回るが、PC、プリンターの不振は続く; 3D印刷; Bioprinting骨と筋肉:移植の未来を形作るインクジェットセルプリンター; Hardware;

1933年に設立された日本のハイテク企業は、プリンター、コピー機、スキャナーを持つ企業の中の家庭の名前です。キヤノンは、消費者市場と商業市場の両方をカバーするすべての中核事業においてNo.1を目指しています。

2006年には、世界トップクラスの技術組織を目指して導入された「エクセレント・グローバルコーポレート・プラン」の第3段階に着手しました。フェーズ3の後、キヤノンは新しい技術を発見するために研究活動を拡大し、新しいビジネス分野の開発を目指す予定です。

フィリピン、タイ、マレーシア、インドの4つの子会社とともに、島国の国内市場を監督しています。コンシューマー部門とビジネス部門の収益貢献度は、それぞれ65%と35%です。

リコー、ブラジルへの投資を拡大

HPのQ3は予想を上回るが、PC、プリンタの不具合は継続する

バイオプリンティングの骨と筋肉:移植の未来を形作っているインクジェット・セル・プリンター

?サムスン、B2Bプリンター用SDKをリリース