キヤノン

1933年に設立され、高品質カメラの開発を研究してきたCanonは、今日、プリンタ、複写機、スキャナーなどの幅広い消費者向けおよびオフィス向け製品を提供するグローバルブランドとして確固たる地位を確立しています。

プリンター;リコー、ブラジルへの投資を拡大ハードウェア; HPのQ3は予想を上回るが、PC、プリンターの不振は続く; 3D印刷; Bioprinting骨と筋肉:移植の未来を形作るインクジェットセルプリンター; Hardware;

幅広いポートフォリオの中で、デジタルイメージングは​​今日、キヤノンが最もよく知られているものです。 IDCによると、キヤノンは2004年に世界No.1のデジタルカメラブランドでした。全世界で1,200万台以上のデジタルカメラを販売し、17.6%の市場シェアを獲得しました。

キヤノンは印刷分野でも成功を収めています。 IDCによると、ベンダーは世界のマルチファンクションプリンタ(MFP)市場でトップシェアを獲得し、16%の市場シェアを獲得しました。

その成果にもかかわらず、同社はその栄冠に立ち向かうことはありません。同社は、イメージング製品のラインナップを定期的に更新するだけでなく、静かにビジネスソリューション部門を拡大しています。このユニットは、エンタープライズクライアントと連携して、CanonのMEAP対応(多機能組み込みアプリケーションプラットフォーム)プリンタなどの出力デバイスを使用して、オフィスでより効率的なデジタル情報ワークフローを作成し、外部のドキュメント管理ソフトウェアと通信します。

これまでのキヤノンの強気な動きを考えると、同社は引き続き「あなたをいつも楽しませ続ける」と期待できる。

リコー、ブラジルへの投資を拡大

HPのQ3は予想を上回るが、PC、プリンタの不具合は継続する

バイオプリンティングの骨と筋肉:移植の未来を形作っているインクジェット・セル・プリンター

?サムスン、B2Bプリンター用SDKをリリース