サムスンの最新の商標出願は、虹彩スキャニングギャラクシーのヒントです

Samsungは先月、米国と韓国のGalaxy IrisとGalaxy Eyeprintという商標を商標登録した。モニカが公開した番組が公開され、技術者が将来の携帯電話に虹彩スキャン技術を適用する可能性が高まった。

韓国知的財産権情報サービス(KIPRIS)を検索したところ、同社は関連会社であるSamsung C&Tと5月12日にGalaxy IrisとGalaxy Eyeprintに提出した。

提出書類では、サムスンは、将来のスマートフォンやタブレットにこのような名前を付け加えることはできないと述べた。

Samsungは、米国でも同様の提訴を行った、との報道が示されている。

(KIPRISスクリーンショット)

先月、サムスンはインドのギャラクシー・タブアイリス(Galaxy Tab Iris)を地元のアイダホール認証(アイダホを集めたデータベース)で公開した。

7インチタブレットの5メガピクセルのバックカメラには、ユーザーの目を読み取るセンサーが装備されています。同社は、パスポート、税金、医療、教育などの銀行および電子ガバナンスサービスに利用されることを望んでいる。

同社はギャラクシーS5以来、携帯電話に指紋認識を適用してきたが、タブレットは虹彩スキャンの最初の製品である。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

3D印刷の手作業:木材を使った作業

?CommBankはモバイル決済、fintechイノベーションのためのBarclaysと提携

ビクトリア州は、地元の技術才能の夢のフィールドを目指しています

オーストラリアの航空会社はSamsung Galaxy Note 7を禁止?Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインド通信を揺るがすiPhone 7のpricetagsが中国の販売を妨げる可能性がある、韓国のMinkonetはVRストリーミングサービスの上にネイティブオブジェクト広告を載せ、SamsungとT-Mobileは5G試行

イノベーション;•ブラジルでのM2M市場の復活:3D印刷、3D印刷、木材加工、銀行業務、バークレイズとのモバイル決済、フィンテックイノベーション、イノベーションのためのCommBankパートナー、地元の技術者の夢の実現を目指す