ウィプロQ3純利益は18%増、予想を上回る

ウィプロの純利益は、第3四半期に18%増の3億1300万ドルとアナリスト予想を上回った。

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、エグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank

金曜日の声明によると、バンガロールに本社を置くソフトウェア・サービス・プロバイダーは、2012年12月31日に終了した四半期の売上高が20億1000万ドルで、前年比で10%の伸びを記録した。その利益は、IIFL(India Infoline Finance Limited)のアナリスト予想を8〜9%上回った。

総収入の78%を占めるベンダーのITサービス収入は、前年比4.8%増の1.58億ドルに達しました。 2013年3月31日に終了する四半期において、ウィプロはITサービスからの収入が150万ドルから163万ドルに増加すると予想しています。

同社の執行取締役兼ITビジネスCEOであるTKクリーンは、「第3四半期の業績は順調に成長しており、顧客および従業員の関与の改善が反映されている顧客鉱業では、10社以上の顧客が1億ドル以上の損害を負担しています。

Wiprodは、第3四半期中、長年のパートナーシップを結んでいたヨーロッパの通信機器ベンダーから、「大規模なR&Dアプリケーションとインフラストラクチャサービス契約」を確保したと述べた。

Wataroのインドの競合他社であるTata ConsultancyとHCL Technologiesも今週の結果を発表した。予想以上の結果、Tataは6億5100万ドル、純利益はHCL、純利益は176.3億ドルだった。

2012年中頃、Wiproは、サービスに注力するために通信事業を再編し、gローバル通信機器市場の減速を抑制する。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル