新しいR&Dセンターで、ピットニーボウズはインドで倍増

経済と地獄に。

イノベーション;•ブラジルでのM2M市場の復活:3D印刷、3D印刷、木材加工、銀行業務、バークレイズとのモバイル決済、フィンテックイノベーション、イノベーションのためのCommBankパートナー、地元の技術者の夢の実現を目指す

郵便に敏感なビジネステクノロジーとサービスプロバイダーのピットニーボウズは、インドのプネに第2の研究開発センターを開設し、同社のデジタルサービスに重点を置いて、Vollyデジタルメールボックスに特に注目すると発表した。

ピットニー氏によると、このセンターは拡張オペレーション(幸運なものです!)と市場の関心の高まりに合わせ、最初のR&DセンターはITに優しいインドの都市Noidaにあります。

なぜプネ、具体的に?インドのソフトウェア製品開発者の約12%がそこに住んでいます。

ピットニー氏によると、インドは「市場と事業の両方の観点から戦略的に重要」であり、ノイダの施設は5年間の操業後に期待を上回った。 (そこには600人以上の従業員がいます。)

一般的に、ピットニーのインド事業は、ロケーションインテリジェンス、データ管理、顧客コミュニケーション管理、予測分析に重点を置いています。

Pitneyのグローバル製品開発担当副社長、Sue McKinney氏は、「Innovationは当社の成長戦略の基盤を形成しています」と述べています。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

3D印刷の手作業:木材を使った作業

?CommBankはモバイル決済、fintechイノベーションのためのBarclaysと提携

ビクトリア州は、地元の技術才能の夢のフィールドを目指しています